医師賠償責任保険はどこで入っていますか? ”民間医局”がいいのか? 

内視鏡

なぜ,保険にはいるのか

 内視鏡をやっていると偶発症は避けることができません.

 普通にしていれば訴訟になることはあっても負けることはないとは思いますが,これから情勢は変わっていく可能性はあります.万が一のことがあっても普通は病院が守ってくれるでしょうが,最近は病院に加えて個人に対しての訴訟も同時に起こすこともあり,医師賠償責任保険に入っていないのは非常に危険といえます.

 スクリーニングの大腸ファイバーで穿孔しないと言い切れますか?

 特にバイト先でどこまでバイト医を守るかなんて未知数です.「訴えたければ個人へどうぞ」となることも十分考えられます.

 すでに保険に入っている人もいると思いますが,だいたい下記のグループ経由で入っていることと思います.

  • 学会:消化器病学会などたまに送ってきますよね
  • 同窓会・医局など:医局に入局すると勧められることがあります
  • 医師会:勤務医も医師会に入っているひとは,そこで保険に入ることができます.最近の若い先生は医師会なんかに入ってないことも多いですが,医師会カードによる特典など一度みてはいかがでしょう.

 ただ保険会社は限られており,これらの団体は窓口でしかありません.

どこで入ればいいか?

  保険会社自体は限定されるので,どの窓口から入るかで保険料が決まります,

 どれだけ団体割引が得られるかが重要です.

 そのために重要なのは

  • 加入人数が多いこと
     たくさんの契約者を紹介してくれる団体ほど保険会社は割引率を上げます.
  • マージンの搾取が少ないこと
     大学がらみなどは手数料として中抜きしているのか割引が低いです

ではどこで入るのか?

 私は民間医局で入っています.

 本来はバイトや転職の斡旋サイトですが,保険に非常に強いです.

 20%の割引は非常に大きいです.以前ははいっていた保険と取り扱いの保険会社・保険内容が一緒なのに20%の割引が得られるのを見て,即変更しました.

 下記にあるように団体割引が非常に強力なのです.

 とフリーでバイト内視鏡医でやっている先生にも常勤であることが関係ないのでいいと思います.

民間医局のホームページより

民間医局:他の特典

書籍が安く買える

 これは大きい特典です.

 私は医師会から10%引き(送料無料)で買えますので5000円未満と30000円以上でないとメリットはないですが,医師会に入っていない先生はamazonよりはお得に書籍などを購入できます.

定価(税込)の合計割引率配送料
0円 ~ 4,999円5%引き実費(600円)
5,000円 ~ 29,999円10%引き 無料
30,000円以上 12%引き 無料

ドクターズマガジンがもらえる

 「必要か」と聞かれたら,別に・・・と答えますが勝手に送られてきます.特集医師のところと症例のところを読んで,あとはよその研修状況などを読んでます.

 ちなみに,今月(2020年1月号)の 梛野 正人先生(名古屋大学大学院腫瘍外科学 教授)の話は熱かったです.胆膵やるひとは必読です.

まとめ

 いずれにせよ車の保険と同様に,無保険は非常にリスキーです.内視鏡のような侵襲的な業務に身を置く医師にとって医師自賠責保険は必須と考えますので,参考にしてください.

コメント

タイトルとURLをコピーしました