Wire guided cannulationとループのバリエーション

ERCP

 大きく2つに分類されます. GW: guide wire

  • 助手がGWを操作する assistant  controlled WGC
  • 術者がGWを操作する physician   controlled  WGC
ガイドワイヤー操作がすべて

  GWを優しくつんつんして,抵抗が少ないところを探る

 抵抗が大きいと,GWを進めることで,カテが押し出されて,「はねる」という現象が生じる.そのためGWを操作する者は透視画像だけではなく,内視鏡画像も見ながら,GWの操作を行う

ERCP: wire guided cannulation (physician controlled)

 いけそうなのに抵抗があるなぁという時には,透視下にGWを操作する.GWはカテと違いやわらかいので,(Narrow distal segment; NDS)でループを形成しながら深部へ挿入される

NDSの形を変えずに,短縮せずGWを挿入する.

大腸ファイバーの挿入に例えると

通常法  : 軸保持短縮 

WGC  : ループ形成 → ループ解除

 無理して押し込むとループ形成,複雑化につながる

 やむなくループを作ったら,解除を試みる.別にループ形成してのGWの挿入が悪ではないと考える.

Nループ

ERCP: wire guided cannulation (N loop)

αループ

ERCP: wire guided cannulation (alpha loop)

GWの硬性部のたわみは剛性があり,直線化しようとする

少しGWにトルクを加えたり,ファイバーをひねると直線化する

GWを入れていくときはカテーテルも押し込むことでpushabilityが向上するが,ループ解除の際には,カテーテルを引き,硬性部を長くする

コメント

タイトルとURLをコピーしました