カニュレーション困難例でのEPST(transpancreatic precut)

ERCP

  ERCPでのカニュレーション困難例に対するバリエーションとしてEPST(transpancreatic precut)があります.通常は膵管ガイドワイヤー法でうまくいかなかった場合に用いられます.

  • 共通管を短くする
  • 見上げの角度を作りやすくする (膵管の左上を狙いやすくする)

 Freehandのプレカットは上級者向けですが,膵管にガイドワイヤーをいれて切り上げるEPST (transpancreatic precut)はESTができれば,可能な手技ですので膵管ガイドワイヤー法の次の手として習得してください.

cannulation for bile duct after EPST (transpancreatic precut)

コメント

タイトルとURLをコピーしました